ベトナムオフショア開発

 

ベトナムオフショア開発について

ベトナムオフショア開発とはソフトウェア開発やWebシステム、スマートフォンアプリ開発などを海外企業、または海外の現地法人などに委託することです。オフショア開発の主な目的はシステム開発のコスト削減とIT人材の確保です。日本や欧米などの発注側に比べて新興国の受注側の人件費が低い為、新興国のエンジニアを活用し開発することでコスト削減が可能になります。受注先としては人件費が安く労働力が豊富なインドや中国、ベトナムなどが主になっています。オフショア開発はコスト削減には効果的である一方で言語の差によるコミュニケーションのミスや現地使用人の技術力不足による品質などの問題が生じやすいなどの課題があります。

なぜベトナムオフショア開発なのか

優秀なIT人材が豊富

ベトナムは、現在で約35万人と言われるIT人材の数を「2020年までに100万人」に引き上げる国家計画を進めています。ベトナム政府はIT人材比率を上昇させることに加えて、総人口も現在の約9,250万人(2014年時点、国連人口基金推計より)から年間100万人前後の増加が続いています。また、日本の平均年齢が45.8歳であるのに対し、ベトナムの平均年齢は28.7歳となっており、若いエンジニアが非常に多いです。ベトナムは親日で、考え方も日本人と似ている部分が多くあります。また、近年エンジニアの日本語能力の向上も重視されています。

Odoo テキストと画像のブロック
Odoo 画像とテキストのブロック

労力費が安い

ベトナムのオフショアの開発者の平均単価は20~30万円となります。(単位は万/月)。日本の人月単価の約3分の1くらいのコストにあたります。今までオフショアの主流だった中国・インドと比較すると安いです。

ベトナムの文化と日本の文化が近い

ベトナム文化はアジア文化の本色が基盤になっているので、日本文化とかなり似たところがあります。また、近年のベトナムと日本の外交関係は善良です。日系企業がベトナムに投資したりといろいろな交流もあります。

Odoo テキストと画像のブロック
Odoo 画像とテキストのブロック

勤勉な国民性

ベトナム人は勤勉で責任感を持って仕事に取り組みます。アジアの国の中でも特に真面目に働きます。
Odoo CMS - 大きな写真

小さな注釈

活気のあるイメージを選び、感動的なパラグラフを書く                          ことについて。 それは長くする必要はありませんが、それはすべきです                          あなたのイメージを強化してください。

ご連絡ください »