Odoo CMS - a big picture

経営管理トータルソリューション

ERPとはEnterprise Resource Planningの略であり企業の経営資源を一元管理することによって経営の効率化を図るシステムです。

ERPは、散在しがちな部署ごとのシステムではなく、一つのソフトウェアに統合することで、各部署は簡単に情報を共有し活用することできます。統合されることにより大きなメリットをもたらします。

Odoo - Sample 1 for three columns


システム統合


Odooを利用することで、経理部、人事部、生産管理部、在庫管理部の個別のシステムを廃止し、個別のモジュールから構成される単一のシステムに切り替えます。

Odoo - Sample 2 for three columns


企業の資源コントロール


Odooは、経営資源をコントロールをできるように設定できます。適切に経営資源を活用するために、システム内部に業務を定義することができます。

Odoo - Sample 3 for three columns


国際標準的な業務プロセス


Odooは、経営およびスタッフの業務管理スキルが向上できる現代的で国際標準的な業務プロセスを提供します。

Odoo - Sample 1 for three columns


信頼できる経営情報


ERPは、管理者が信頼できる自社の経営情報に容易にアクセスすることができるようになり、その情報に基づき経営判断ができるようにします。ERPを導入しない場合は、管理職の方は、経営情報を取得するために複数部署に問い合わせをおこない、誤った経営数値を見つかってしまうこともあるのではないでしょうか。

Odoo - Sample 2 for three columns


在庫の最小化


在庫管理モジュールは正確な在庫の追跡、在庫レベルの最適化を可能にすることで、運転資金増加を抑制し効果的なビジネスに役立ちます。

Odoo - Sample 3 for three columns


人材情報の最新化と標準化


人材管理、給与管理モジュールは、人事に関する全業務をサポートしており、煩雑な給与にかかわる業務をエラーを最小化し、人材を有効に活用できます。

Odoo - Sample 1 for three columns


正確な会計管理


ERPは、人手による会計処理にかかわるミスを削減します。また、会計モジュールは経理や会計監査部門による会計監査もサポートできるように設計されています。

Odoo - Sample 2 for three columns


顧客発注情報の統合


ERPでは、顧客の発注情報は初期段階から最終段階まで自動的に扱うことができます 。そのため、発注の情報源は合意済みで非常に信頼のおけるものになっています。ERPでは発注経緯の追跡が容易で、業務部と倉庫、異なる送付先との調整が同時にできます。

Odoo - Sample 3 for three columns


標準化と生産効率向上


生産計画モジュールは、製造業が生産プロセスにおける非効率な要素を識別し、取り除くことをサポートしています。ERPを利用しない場合、部品は計算間違いで発注され、納期に間に合わないことも発生するかともあるのではないでしょうか。ERPシステムなら正確な生産計画を策定でき、単位当たりの製造コストも削減できます。